ICHIHAKU’s Note

気まぐれオートバイライフ、写真日記。

へバーデン結節

今日は特定の疾患について書きます。

 

今回取り上げた「へバーデン結節」は変形性関節炎の一つであり、生涯治ることのない疾患と言われています。

多くは40歳代以降の女性に発症し、手を使うことの多い人になりやすい傾向があるようです。リウマチと異なり、第一関節の変形、突出、疼痛がありX線写真ではあきらかに関節の隙間の狭さを確認できます。

 

f:id:clover-ace:20160713155214j:plain

写真は妻の協力で提供しています。

特に中指と小指の第一関節が膨らんで真っ直ぐにならない状態になっています。

痛みが強い時は何かにぶつかっただけでも痛いので手を使う作業に困難が生じています。人差し指にも初期症状が始まっており、手の形が醜くなることは女性にとっても辛いことです。

現在40歳代ですが30歳代後半で発症しています。

仕事上、指を酷使することが多いため、長期的に関節に負担がかかったことは想像に難くありません。

 

 整形外科での診察では、湿布薬のみ処方。手術などの治療提案を相談したところ、今のところできないと言われ、冷淡な態度で一生治らないと言われたことでさらに精神的に大きな負荷となったようです。

 

西洋医学においては、変形性関節疾患など明らかに外見の問題がある場合、元の状態に戻らないと判断されれば、不治の病として扱われてしまいます。つまり何もできないので様子を見てください、ということになります。

 

初めての病院に訪れる患者さんは、受診前よりと受診後の方が医師や病院に対する期待度が減少することが多いという報告があります。

まさにそれは医師から「とりあえず様子をみてください」と言われた時であることは間違いありません。

 

今回、このような特定の疾患を取り上げた理由は、同じ悩みを持つ患者さん同士が情報の共有をして欲しいと思ったからです。

同じような悩みをもつ人は他にもいることがわかれば心強いでしょう。

また痛みが改善した、疾患が減少したなどの情報も有益なものとなります。

 

そうした情報の交換で励まされたり、誰かを勇気付けたりすることができれば精神的にも癒されるはずです。「慢性痛」はストレスなどの心的要因も一つとして考えられているので、治癒につながる可能性は十分にあります。

 

また、ヨーガや筋弛緩法、トリガーポイント療法などで、痛みから解放されることを目標にしています。そうした経過情報も今後アップしてゆく予定です。