ICHIHAKU’s Note

気まぐれオートバイライフ、写真日記。

夕暮れのバイクポタリング

大変しばらくぶりの投稿です。

どうしてこんなに時間が経つのが早いのでしょうか。

色々とやりたいことがあるのにどれも中途半端な気がしてならない今日この頃。

人生は短いので本当にやりたいことにフォーカスしなければなりません。

 

さて、新しくパートナーとなったオートバイと夕暮れの散歩に出掛けました。

家を出て40分後くらいには山城の山頂駐車場に着いていました。

今度の車体は初めてのリッタークラスバイクなので重いですが、高校生の時から憧れていたバイクなので満足感が最高です。まだまだマシンとの一体感は得られていないので、峠の急なコーナーでは慎重にならざるを得ません。

しかし、この難しさがオートバイの醍醐味なのです。

 

唐沢山城は中世の山城で石垣がその名残を伝えていました。高校生の当時は毎週土曜日になるとサイクリング同好会の部活動として自転車でトレーニングに来ていた所なので、馴染み深い場所でもあります。本当は高校生になった時に、オートバイの免許を取るつもりでいたのですが、当時「三ナイ運動」っていうオートバイ禁止令があって諦めるしかなかったのです。それで同じ二輪である自転車野郎となったというわけです。

それが今やミドルエイジとなってやっと実現したと思ったら人生も後半も良いとこ。それでもあと20年以上は楽しむために頭と身体が付いていけるよう努力しようと思います。

 

ところで、ここの神社では飼っていると思われる猫がたくさんいます。人が近づいても動じない猫がほとんど。写真に収めたら結構可愛いなあと思いました。これを機会にまた写真撮りに再度訪れる予定です。

f:id:clover-ace:20170604235233j:image

f:id:clover-ace:20170604235302j:image

f:id:clover-ace:20170604235339j:image

 f:id:clover-ace:20170604235416j:image

 f:id:clover-ace:20170604235430j:image