ICHIHAKU’s Note

気まぐれオートバイライフ、写真日記。

久しぶりに泳ぎました

8月最初の投稿です。

本格的な夏になってきましたね。

夏は薄着でいられるので軽快さは悪くないですが、さすがに体温を超える気温は厳しくなります。まだまだこれからが夏本番です。

日本一の暑さに耐え凌ぐしかありません(笑)。

 

先日、超久々にプールへ行って来ました。

息子がたまには泳ぎたいと言うので、「いいね、行こう!」と行動が早い僕。

「え、まじで行くの?」とそれほど本気モードではない息子を連れて、近くの市営プールへ。

 

実は僕は泳ぎは得意ではありません。

小学一年生の時に、スイミングスクールへ入会する予定だったのですが億劫になって行かず。社会人になるまでまともに泳げないまま成長してしまいました。

 

小中学校から高校生まで、水泳の時間がどれほど苦痛だったか、嫌な思い出しかありません。高校生の時は、水泳大会に出たくないので部室に隠れていたほど。

息継ぎもできないから、いやいや水泳大会に出されてしまう時は、25mをノンブレスでバタバタもがいていました。

途中で何度もまずい塩素水を飲むし。

スタート時の飛び込みが如何に恐怖だったか、泳げる人には想像できないかもしれません。

 

とにかく泳げないということは、溺れる恐怖感があるのです。それは死を意味するわけですから。

 

僕と同じように泳げない人は似たような経験があるかもしれませんね。

それで20歳代後半になって、なんとしても克服したいと思い、スクールに三か月くらい通いました。そこで基礎を習ったのが、今少しだけ泳げるようになったことにつながったわけです。

 

自分がそんな嫌な思いをしたので、息子には保育園時代からスクールに行かせていました。そのため僕よりもスイスイ泳げているので、本当に良かったなと思います。

 

それにしても、水泳は全身運動になりますね。

水の中は、通常の重力状態から解放されて気持ち良く、泳ぎが下手でもゆっくりと進めれば良いのでマイペースで運動になります。

 

翌日は二人して、筋肉痛。

特に腿の内側が痛いので、内転筋に効いたのでしょう。

クロールや平泳ぎはどちらもキックの推進力が要なので、足を使いますね。

 

せっかくなのでこれを機に、一週間に一度は泳ぎたい気分です。

息子も受験生ですが、部活動が終わって運動不足にならないためにも誘おうと思います。

 

ボルダリングにもそろそろ行きたいし、プールも行きたい。

うーん、両方やるしかない!