ICHIHAKU’s Note

気まぐれオートバイライフ、写真日記。

「天空の城ラピュタ」で英語学習

久しぶりに、「天空の城ラピュタ」をDVDで観ました。

この作品はジブリの中で一番好きなのです。

心から優しい気持ちになれる、そして夢のような冒険心にあふれた素晴らしい作品だと思います。

d.hatena.ne.jp

 特に気に入っているところは、パズーとシータが嵐の雲の間を抜けて、伝説と言われていたラピュタに辿りついた時の驚きと感動のシーン。城主無き今も、もしかしたら何百年?とロボット兵が城を守っているシーンが感動しました。

 

もちろん音声は英語にセットしますが、今回久々に鑑賞したら字幕の英語がセリフと全然違うことに気が付きました。

 

となりのトトロ」では、ほぼ英語音声と英語字幕が一致しているので学習には使えますが、「ラピュタ」ではほとんど合ってないので使えません。

 

なので、字幕は日本語もしくはサブタイトルなしの英語音声のみで楽しむことにします。

映画で英語学習をする場合、何度も観ることになりますので飽きない作品であることが条件です。

それと、観ていて癒されるとか、ポジティブな気持ちにさせられるものが良いですね。

 

気持ち悪い、怖い、単調過ぎるなどの作品は何度も観ることができないのいでNGです。

気に入ったセリフなどはノートにコピーしても良いと思います。

 

僕は各作品ごとにルーズリーフにセリフを書き込んでいます。というかやってました(笑)。最近面倒くさいみたいでやっておりません。

 

この機会にまた復活しようと思います。

学習は面倒くさがってはいけませんよね。

やはり手間をかけただけ進歩があります。